今日は生涯初っつーか、今んとこ一度きりの救急車と入院を体験した記念日である。

K社に出した辞表が受理されて、オレは自由だーーーーーって思った矢先にめまいとか吐き気がして倒れちゃったのがちょうど13年前の今日という。
で、その日以来、どっかしら体調が悪い。
もちろん何カ所も病院をハシゴしたが、メニエールだとか良性発作性めまい症だとか鬱だとか、行く先々で病名が変わるんだから、要は医者にも症状の正体が掴めてなかったっつー事だ。
しかし、鬱の薬を飲まされてた頃はホント参った。
眠気作用が強烈すぎて、飲んでるうちにその薬なしでは眠れなくなっちゃったんだから、睡眠障害などという余計なオプションまでが付くハメになった。
そして、鬱かどうかも分からないまま飲んでるうちにいよいよホントの鬱になったんだが、それまではおそらく鬱じゃなかったんぢゃねえかとオレは踏んでいる。
アレね、ホントにイヤな病気ですよ。
何もかもが面倒になっちゃうんだもん。帰ってきたウルトラマンに出てくる怪獣ヤメタランスとまるで同じ効果なの。って世間のヤメタランスの認識度はこの際置いといて。
だから、音楽を作ろうと思ってMacやらソフトやら周辺機器やらを揃えるまではいいんだが、そこから先が億劫でたまらなくて全然進まないんだから、ホント厄介な病気に罹ったもんだった。
そんな経験をしてるから分かるんだけど、鬱病の人って、薬を服用している分には調子悪くないから、別に薬漬けのままでもいいやなんて思ってしまう。現状を打破するのが面倒だから、真剣に治そうとしない。だから一度かかると一生治らない。ホントにイヤな病気だ。
ただオレはそーゆー薬漬けの生活がヤな質だったから、3年で脱却してやった。そーゆー変な欲求とか執念みたいなモンだけはベラボー強い。
ただ、めまいとかはあくまで軽減しただけで完全に治まってないから、何かの弾みで出てくる。
それに加えて、ここ2年ぐらいのうちに呼吸困難とか、心臓がシクシクするとか、ひどい時には脈が飛ぶなんて事が最低でも週イチで起こるようになって、おかげでせっかくイイ感じに仕上がっていたランニングを辞めざるを得なくなってしまったんだから無念すぎる。
もちろんその件でも病院をハシゴしたけど、どこへ行っても異常ナシなんだからまぁ困った。

そんな折、とある仕事先にいるオッチャンと話をしていたんですが。
このオッチャン、すっごいベラで、人が真剣に仕事してるのもお構いなしで喋りかけてくるから普段は話半分で聞くんだが、実は壮絶な人生を送られている御仁で、そのくだりの部分で思わずオレも食い付いた。
過去に胃ガンが末期まで行って、余命半年と宣告されたんだと。
でも胃の大部分を切除したら治って、今はちゃんと仕事もしてるし、健康のために始めたゴルフももう5年にもなって、飛距離なら同世代にはまぁ負けないねーなどと大口を叩くまでになったんだから喜ばしい限りだ。
ただ、副作用があって、コンビニで売ってる食糧を一切受け付けなくなっちゃったんだそうだ。
具体的には食品添加物がダメで、ヨーグルトなんかも食べると気分悪くなっちゃうと云ってる。
でもヨーグルトって体に良い代表格みたいに崇められているし、そんな添加物なんて入ってるかぁ?と思って聞いてたんだが、牧場で直売してるヤツは大丈夫なんだとか、近所の豆腐屋で買う豆乳は大丈夫だから毎日飲んでるなんて云ってるのがちょっと不思議で、ヤに印象に残った。

それから一週間も経たずに、某大手の食品工場で働いている友達に会った。
久しぶりだったから、最近どお的な近況バナシから始めたんだがその流れで、最近は外食よりも自炊が楽しくてさーなんて云ってるから、それは結構な話だねえとか思って聞いてたら、その自炊に辿り着くまでの経緯にまたあのキーワードが登場した。
そうです、食品添加物です。
何でも、その工場に勤めてから長い事、じんましんがやたら出て困っていたらしいんだが、その食品工場では作ってる品をタダで貰えるから、メシ代も浮くし何て恵まれた職場なんだーと毎日毎日喜んで食べていたのを辞めた途端、パッタリ治ったんだと。
となると、彼はそれを作ってる工場の内部の人間だから、食品添加物の正体を実際に目で見て知っている訳で、体調不良の原因が何だったのかがすぐさまピーンと来た。
曰く「シオちゃん、香料には気を付けた方がいいよ」との事。
香料なんてそれこそ、コンビニで売っている食品には大抵入っているモンだが、基本的に石油化合物であり体内で消化できず、毒素として蓄積するモノなんだそうだ。
しかも、その職場に納品される容器には思いっきり「危険」って書かれているらしい。
何が危険かっつーと、ちょっとこぼれて手にかかっただけで、その部分がモロに荒れてしまう程の毒性を持ってるんだそうだ。それが微量でも体内に入るんだから確かにいい事ではない。
まぁ実際は厚労省に認可された範囲内の微量しか入ってないんだが、それはあくまで単品での話。その日食べた全品に入っていれば、摂取量が許容範囲をオーバーするのは当然。
で、その「危険」の注意書きのコピーを見せてもらったんだが、そこに書かれてたのは「取扱の際は以下の症状に注意して下さい」めまい、吐き気、肩こり、呼吸困難・・・
正体はコイツかー。オレの全部入ってるやーん。
その日からとりあえず香料だけは回避するようにしたら、ものの3日で調子が良くなった。
基本的に毎年この時期になると絶不調の波が押し寄せて来るモンで、今までは季節の変わり目だから自律神経が失調しがちになるのかと思ってたんだが、今年は逆でむしろ調子が良いまま2週間が経過している。
こんなに長い間どこも調子が悪くないなんて、すんごい久しぶりなんですがー。
苦節13年、ようやく慢性的体調不良の正体を掴んだような気がしてならない。

なんて書いたけど、皆さんはそーゆーの気にする必要無いと思いますよ。
たまたまオレらはそーゆーのに弱い体質なだけであって。
ただ、原因不明の体調不良が長引いたりした時は疑ってみるといいかもです。