ちょっと前の話だけど、ひっさしぶりにK社の社長(正しくは元社長)と話をした。

K社を辞めてもうすぐ9年になるけど、確か辞めた2年後ぐらいに一度仕事を貰っているから、話をしたのは実に7年ぶりって事になる。
ここでは触れてなかったけど、一年ほど前にK社倒産の報を聞いた時、やっぱりショックだった。
我が母校が数年前に廃校になった時とは比べモンにならないくらいショックだったね。
オレは作曲なんてロクにやった事が無かったクセに運良くK社に入ってしまい、おかげで作曲のプロとして成長できたようなモンだから、やっぱりK社への思い入れというのは凄く強い。
だから久しぶりに社長と話をして、元気そうで安心した。
ま、あの社長の事だから、タダでは転ばないだろうとは思っていたけど(笑
久しぶりに連絡を取ったと云っても、別にオレがゲームの音楽をやるっていう事ではなくて、誰々は元気かとか、誰々は今某社で働いているらしいとか、そーゆー他愛の無い話をして、じゃあそのうちK社の同窓会でもしましょーか、って云って電話を切ったんですが。

去年の年末の話なんだけど、これまたすっごい久しぶりに高濱さんに会った。
どのくらい久しぶりかって、たぶん10年は軽く会ってない。
高濱さんは、K社初期にいくつかのタイトルで音楽を担当した敏腕コンポーザーだ。
オレがまだ入社半年ぐらいのペーペーだった頃、中潟さんが「デキル男を紹介する」と云って連れて来て以来、しばらくの間はオレとの二人体制でK社の音楽が生産されていた。
だからK社同様、高濱さんの音楽にもスゲー思い入れがある。
つーか、K社に来る時はいつも長髪を靡かせ、チェーンを巻きつけたブーツを履いてジャラジャラ入ってくるというヘビメタ丸出しな容姿なのに、どんな音楽にも対応しつつ個性も出しつつ、ツボにはキッチリ入れて来るという器用で柔軟な天才だから、音楽を気に入らない訳がない。
お陰様でK社はどんなに出来の悪いゲームを作っても「クソゲーだけど、サウンドだけは」っていう(素直に喜べない)評価だけは最後まで守り通した訳ですが、やっぱりK社初期に高濱さんと二人で築いてきた、スベリ知らずな戦歴が後々まで響いている事は間違いないのです。
まぁ高濱さんにとってはK社は単なるお得意先の一つだし、愛着なんて無いでしょーけどね。
そんな、オレが一方的に戦友だと思っている高濱さんですが、今年はスマブラの音楽を担当するなど活躍のフィールドも広がってたりして、端から傍観している立場としては嬉しい限りである。

高濱さんに会ったのには目的があって、実はhallyさんに紹介してあげたんです。
仕事で高濱さんの音楽のお世話になったらしく、一度ご挨拶がしたいっつー事で。
ところでミスターhally、何かと忙しくてとっても大変らしい。
最近はquarta330君のお誕生会をやった時に会ったんだけど、一次会が終わった時点で「じゃあ明日仕事なんで帰ります~」って2人で駅に向かったところ、パーティー中は席が遠かったから一言も喋らなかったクセに、何だか話が止まらなくなっちゃうぐらい面白くて。
二次会に参加しなかった分際で、この際始発で帰ればいっかー、などと本末転倒的な覚悟をお互いチラつかせつつも、何とか強引に話を切断して終電に飛び乗って帰って来た。
ミスターhallyも、おそらく皆さんが知っている以上のチカラを持った、柔軟な才人である。
いろいろ大変だろうけど、刺激的な音楽活動は続けてほしいモンです。
こないだの終電前トークでもストレス発散になるのであれば、オレはいつでも付き合うよん。