▼ 送りバント的近況ですが

ちょっと前の話だけど、ひっさしぶりにK社の社長(正しくは元社長)と話をした。

K社を辞めてもうすぐ9年になるけど、確か辞めた2年後ぐらいに一度仕事を貰っているから、話をしたのは実に7年ぶりって事になる。
ここでは触れてなかったけど、一年ほど前にK社倒産の報を聞いた時、やっぱりショックだった。
我が母校が数年前に廃校になった時とは比べモンにならないくらいショックだったね。
オレは作曲なんてロクにやった事が無かったクセに運良くK社に入ってしまい、おかげで作曲のプロとして成長できたようなモンだから、やっぱりK社への思い入れというのは凄く強い。
だから久しぶりに社長と話をして、元気そうで安心した。
ま、あの社長の事だから、タダでは転ばないだろうとは思っていたけど(笑
久しぶりに連絡を取ったと云っても、別にオレがゲームの音楽をやるっていう事ではなくて、誰々は元気かとか、誰々は今某社で働いているらしいとか、そーゆー他愛の無い話をして、じゃあそのうちK社の同窓会でもしましょーか、って云って電話を切ったんですが。

去年の年末の話なんだけど、これまたすっごい久しぶりに高濱さんに会った。
どのくらい久しぶりかって、たぶん10年は軽く会ってない。
高濱さんは、K社初期にいくつかのタイトルで音楽を担当した敏腕コンポーザーだ。
オレがまだ入社半年ぐらいのペーペーだった頃、中潟さんが「デキル男を紹介する」と云って連れて来て以来、しばらくの間はオレとの二人体制でK社の音楽が生産されていた。
だからK社同様、高濱さんの音楽にもスゲー思い入れがある。
つーか、K社に来る時はいつも長髪を靡かせ、チェーンを巻きつけたブーツを履いてジャラジャラ入ってくるというヘビメタ丸出しな容姿なのに、どんな音楽にも対応しつつ個性も出しつつ、ツボにはキッチリ入れて来るという器用で柔軟な天才だから、音楽を気に入らない訳がない。
お陰様でK社はどんなに出来の悪いゲームを作っても「クソゲーだけど、サウンドだけは」っていう(素直に喜べない)評価だけは最後まで守り通した訳ですが、やっぱりK社初期に高濱さんと二人で築いてきた、スベリ知らずな戦歴が後々まで響いている事は間違いないのです。
まぁ高濱さんにとってはK社は単なるお得意先の一つだし、愛着なんて無いでしょーけどね。
そんな、オレが一方的に戦友だと思っている高濱さんですが、今年はスマブラの音楽を担当するなど活躍のフィールドも広がってたりして、端から傍観している立場としては嬉しい限りである。

高濱さんに会ったのには目的があって、実はhallyさんに紹介してあげたんです。
仕事で高濱さんの音楽のお世話になったらしく、一度ご挨拶がしたいっつー事で。
ところでミスターhally、何かと忙しくてとっても大変らしい。
最近はquarta330君のお誕生会をやった時に会ったんだけど、一次会が終わった時点で「じゃあ明日仕事なんで帰ります~」って2人で駅に向かったところ、パーティー中は席が遠かったから一言も喋らなかったクセに、何だか話が止まらなくなっちゃうぐらい面白くて。
二次会に参加しなかった分際で、この際始発で帰ればいっかー、などと本末転倒的な覚悟をお互いチラつかせつつも、何とか強引に話を切断して終電に飛び乗って帰って来た。
ミスターhallyも、おそらく皆さんが知っている以上のチカラを持った、柔軟な才人である。
いろいろ大変だろうけど、刺激的な音楽活動は続けてほしいモンです。
こないだの終電前トークでもストレス発散になるのであれば、オレはいつでも付き合うよん。
[ Weblog ] 音楽
2008-08-28 15:37:00

▼ なしくずし的近況ですが

オレん家にケサランパサランが居る。どーやって侵入したのかは謎のままだ。

ところで先日、ザギンでチャンネーに刃物で切りつけられてしまった。
裸でベッドに寝ているところをいきなり、背後からザックリだもんなー。
でもホントの事を云うと、背中にできた巨大な腫れモノを切開しただけな話である。
この腫れモノ、異常なぐらい熱を持っているから夜なんて暑くて眠れないし、やっと眠れたとしても寝返り一丁で激痛が走るんだからやってられない。
こればっかりは何とかせねばならんと思って、仕事帰りでも間に合う皮膚科を検索しまくった先が、どーゆー訳か銀座界隈の病院だったという。
早速診てもらうと「切開すると楽になりますよ」と云うから、じゃあ切りましょうと即座に承けた。
そしたら、全然楽じゃないんだコレが。
切開した切り口に詰めたガーゼを、翌日麻酔ナシで取るという拷問を敢行するんだもん。
そして患部からさらに膿を絞り出すと「もう一日ガーゼを詰めた方がいいわね」って事になって、また麻酔ナシで切り口にガーゼを詰めるという地獄絵図を展開。
「超S美人女医~患者嬲りという快楽の果てに」ですよ。
でもまぁ、おそらくコレが最善の手なんだろうし、お陰様で今ではすっかり良くなって、切開した箇所も無事に塞がったから良しとします。

せっかくザギンに来たんだからと思い、アップルストアにiPhoneグッズを買いに行き。
実は持ってます。iPhone。もぉ楽しくて楽しくて。
SMSっていうソフトバンク同士で利用するショートメールがあって、コレが完全にチャット仕様になっているのがあまりにも面白すぎて参った。
まさかこんな、見た目をちょっと工夫したただけでメール欲を異常に増進させてしまうとはね。
恐るべしアップルマジックである。
マップがスゲー便利だ。一度無計画に外出しちまった事があって(ホントは一度どころではない)、そんな時でも軽く検索すりゃあ難なく目的地に着いてしまうんだから、遭難知らずもいいとこだ。
試しにMobileMeを使っているんだが、Mac(Winでも可)上のアドレス帳やスケジュール表のデータをそっくり持って来れるだけでなく、iPhoneで特定のフォルダに振り分けておいたメールなんか、家に帰ってパソコンのメールを立ち上げればiPhone通りに振り分けされているんだから、便利すぎるったらありゃしない。
ただ、この夢のようなiPhoneにも難点がある。機能の充実に見合わない電池の弱さなのだ。
せっかくYouTubeが見れるんだから、と云って調子に乗って見まくってしまうと、まず3時間ももたないんじゃないかという使えなさだ。
まぁその辺の使い方は割り切るしか無いんだが、それでも利便性や隙の無いデザインを兼ね備えつつ、楽しませるアイデアを詰め込んだこの機器、ホントにスバラシイ発明品だと思いマス。

今年の春に買った車ですが、ぼちぼち威力を発揮しつつある。
クルーズコントロールっていう、速度を設定するとアクセルを踏まずに巡行するモードがあるんだが、コレを使うと全然疲れなくて快適だし燃費もいい。
夏に入って高速に乗る機会ができたおかげで、ようやくETCの威力を実感したんだが、何でしょうね、この優越感は。
母の実家が常磐道で云うところの水戸とか那珂あたりにあるんだが、その中間に水戸北インターというのが出来ていて、よく見ると「社会実験中 ETC専用」と書いてある。
このインターに関しては何の情報も持ってなかったんだが、何だか面白そうだから試しに降りてみたくなったのは、iPhoneで培った開拓精神であるに違いない。
で、降りてみたら、料金が1,750円と表示されてビックリ。
那珂で降りるよか千円も安いなんて。やー、ETCの恩恵だねい。

ただ、こーゆー優等生的な車なんか持ってしまうと、ちょっとパンチの効いたヤツにも乗りたいなーなんていう変な物欲も出て来るんだから困ったモンでして。
[ Weblog ] 戯言
2008-08-24 15:35:00

Total0682616 7days002331 Yesterday000237 Today000213