▼ 初めてやった

何をって、無銭飲食をですよ。

昼に某ラーメン屋へ行った時の事なんだけど。
またラーメンかよ、と思われるだろうが、こう見えても最近はめっきり食べなくなった。
せいぜい週一であるか無いかぐらいのペースだ。
それはいいとして、今日はわざわざバイクに乗って、遠方まで旨いラーメンを喰らいに行った訳です。
老夫婦が細々と経営するこのラー屋、ちょっと難しい味というか、いろんな店でラーを食べ込んでいない人にはツマラナイ味に思われがちだが、同業者や食べ込みのベテランには非常に評判のいい店である。
今日は暑いからつけ麺で行ったろかー、しかも空腹だから大盛りで行ったろかー、ついでに景気良く味玉も付けたろかー、なんて調子をコキつつスープ割りでフィニッシュした後で、財布の中味に戦慄を憶えた。

27円って。今時の小学生以下の財力ですよ。

オレも一応ではあるが、いい大人だ。
すでに人生の半分近くを、自ら生計を立てて過ごしている。
そんなとっくに自立した大人のクセに、酢イカ程度しか求められない財布で上等なラーを注文し、それをもはやカナブンも寄り付かない朽木の如く完璧に吸い上げてしまっている。
むむむ大ピンチ。

老夫婦をチギるのぐらい余裕だなんて全然思わなかったし、オマエのラーメンはこの程度じゃー!って啖呵を切って27円叩き付けて帰ってやろうなどという考えも微塵もない。
この際2時間ばかし皿洗いでもするかなあと覚悟しつつ申告すると、店のおばちゃん「いいのよいいのよ、お金なんて。今度来た時でいいから」なんて云ってくれるんだ。
うわーやさしいおばちゃんだねい。心を打たれつつ退店。

で済ますハズがない。炎天の下「走れメロス」を展開ですよ。
大盛りが堪えて重くなった腹を恨めしく思いつつ、コンビニへ走る。
ここはバイクで行っちゃあイカンのだ。バイクを人質ならぬモノ質に置いておく事によって伝わる誠意もあるってなモンだ。
なんて事で勝手に納得しつつ、メロス帰還。
そしたらおばちゃん、逆に「わざわざすいません」なんて詫びてくるんだから参る。
ホントにいいおばちゃんだねい。

そんな老夫婦のラー屋。非常に旨いつけ麺だった。
是非この場で大推薦したいとこだが、そうするとこのラー屋は無銭飲食を許す店だというフラグが公に立ってしまう訳だ。
だから残念だが教えないでおく。
[ Weblog ] 戯言
2006-08-23 12:41:00

▼ そー云えばオシム

昨日の試合も含めて、まだロクに見れてません。

ところで、オシムってどーなのよ? って人も随分多い事と思いマス。
オシムが代表監督になるって噂が出始めた頃からいろんな人に「オシムってどーなのよ?」って訊かれたけど、その度に云ってたのは「今の日本に一番最適」でした。
オシムはいいよー。絶対に世界で5指に入る名将だと思ってるもん。
今までJリーグにいたおかげで、海外の名将たちを招聘するよりも手っ取り早く日本の選手やサッカーの特徴をよく知ってもらえるってなモンです。
つーか、何でJリーグなんかにいるの? ってぐらいスゴイ人なんよ。
特に、現有の戦力で成績を残しちゃう事にかけては世界一じゃないかと。
タイプ的には、優秀な選手を集めて自主性を重視するジーコよりも、自分のシステムに当てはまる選手を選ぶトルシエ寄りなんだけど、トルシエは代表を率いるにはあまりにも引き出しが少なかったのに対し、オシムはすっごい引き出しをいっぱい持ってる。
でも監督、いい加減トシなんで、日本代表が生涯最後の仕事でしょうね。
頻尿のせいか、ベンチから突然消えたりするしね。
ま、あのオシムがファイナルを捧げてくれんだから随分恵まれたモンですよ、日本は。

ところで、アジアカップでは背番号50番台の選手がいたりする。
これはオシムの奇特な発想ではなくて、止ん事無き事情があるんだと。
ACでは選手40人まで予備登録できるんだが、予選終了までの間は4年前に登録した40人の背番号を動かせないんだそうだ。
ジーコの頃は40人登録したものの、怪我のため2人ばかし追加招集してるから、背番号42まではジーコ時代に登録した選手という事になるそうだ。
これはね、面白いっすよ。
例えば、佐藤寿人や長谷部なんて割と最近注目されたイメージが強いかも知れないけど、2年前のジーコの構想に入ってたって事が判明した。
逆も面白い。今回の末尾を#67坂田と仮定して#43山岸を境に数えると、オシム構想内のまだ表面化していない選手があと19人(うちジーコ時代からの選手が5人)いるって事になる。
だからもし、坂田の後にあと5人、#72までいるとすれば、ジーコのお眼鏡に適った選手は今回発表になった11人で打ち止めって事になる。
なんて予想したり、隠れキャラを発掘してみるのも面白いかも知れん。

そー云えば、我らがFC東京ですが、ついにガーロ監督電撃解任です。
仕方ないよなー、アレじゃあダメだもんなー。
去年の原監督の頃も現状に匹敵するぐらい悪かったけど、やってる内容は明らかに間違ってなかったから解任される事は無かったんだけど、今回ばかりはなー。
つーか、ガーロはFWなんか補強する以前に、東京のサッカーをイチから見直さなければいけなかったんだよなー。
今後活躍をするかも知れないFWワシントンだが、あの補強は無駄としか思えない。
代わりに監督に就任した倉又さんは東京のサッカーも選手も良く知りすぎているぐらいだから、以前みたいな縦に速い、運動量のフッボーを展開して相手をキリキリ舞わさしてくれる事を期待しよう。
[ Weblog ] サッカー
2006-08-17 12:40:00

Total0697026 7days001877 Yesterday000297 Today000155