遅ればせながら、ガソリンカードを導入する事にした。

オレ、持ってないんですよ。こーゆーカードを入手するプロセスがスゲー面倒で。
調査によると、ガスカード界では「出光まいどプラス」が絶対王者として君臨しているそうで。
リッター2円引きなんだが、ガスカのくせに年会費無料ってトコがまず喜ばれている。
しかも出光自体が他のGSと比べて料金が安めだそうだから、確かにお得に違いない。
でもさらに調べてみたところ、オレ内では「Shell Starlex」がベストという審判が下った。
ちなみにコレは年会費1,312円。今時のガスカとしては高い部類である。
だけど、Starlexカードを使って半年間で20万円以上の買い物を繰り返しているうちは、レギュラー3円、ハイオクなら8円の値引きとなるだけじゃなく、年会費もダーターになるんだそうだ。
って事は、月に換算すると34,000円の買い物を続けていればいい計算になる。
この程度なら、公共料金とか毎月支払うモンを全部このカードに移行すればチョロイんじゃん。
しかもオレん家の界隈で一番安いGSがシェルなんだし。
何つっても、ハイオクを8円も引いてくれるってのはオイシすぎる。もぉStarlexで決定。

ってこんな事を調べ始めたキッカケですが、単純にETCカードが欲しかっただけな話だったりして。
ETCカード入手に便乗して、ガソリンの事もついでに考えてみようと思った次第でありまして。
そのETCカード、今や年会費無料のクレカなんかのオマケで付いてくるモンなんだねい。
最近になってようやくETCを導入する運びとなったんだが、それまではそんな事知らなかった。

ETC導入って云うよりは、ETC付きの車を買ったんすよ(←コレ本題)
ホントはまた昔のワーゲンが欲しかったんだけど、訳あって無難な家族車にした。
って云うと妥協したみたいに聞こえるけど、ホントはスッゲー楽しみでしゃーない。
オレみたいなモノグサな人間が、車購入が決まった途端、前述のガソリンカードの件も含めて、大っ嫌いな書類作成や役所手続きなどに奔走しているんだから、一体どんだけ楽しみナンダヨと思う。
ただ、そう上手く事が進行しないあたりは、さすがオレの本領ってトコだ。
車庫証明を取ろうと、朝イチでチャリを飛ばして警察に行ってみると、窓口のオッサンがオレの記述にいろいろダメ出しをした挙げ句、駐車場管理者のハンコが押してないからムリだって事になった。
何だよー、一旦出直しかよー。オレちゃんと車屋の指示通りに書いたのになー。

帰宅してから駐車場の管理事務所へ行くと、猪木風な管理人が出て来た。
温和なんだが、ちょっと障ると「バカヤロー!」と闘魂ビンタが飛んで来そうに思えてならない。
一応ビンタを警戒しつつ話を切り出すと、すでに猪木が粗方記入済みの書類を何種類か持って来て、オレはそこに氏名と住所程度の記述を加えるだけで済んだ。気の利いた猪木システムだねい。
ただ、意味合いが微妙な部分が一カ所あった。たった今しがた、車屋の指示通りに書いてダメだった前例があったせいで、猪木にホントにコレで大丈夫なんですかと疑いをかけてみると、首投げで倒しざまに「あっ、ダーン!あっ、ダーン!」ってストンピングを連発で入れられるかと思っていたら、「あ、コッチの書類は多分提出しなくても大丈夫ですから」だって。
わざわざ実印まで押した書類なのに意味ないんかい。

警察に戻る。窓口のオッサンは人の苦労を嬉しそうに見ていやがる。
書類を全て提出して、代金2,100円を払うと「じゃあ2日後に出来上がるから」だって。
今日この場で貰えるんじゃないんかーーーい!
運転免許証でさえ当日に貰えるご時世だってえのに、たかが車庫証明ごときにナゼ?
後で知ったんだが、警察のオッサン、次の日にわざわざ駐車場をこっそり確認しに来るんだそうだ。
そんなイラン事をするモンだから、納車目前にしてGWに突入しちまったぢゃねえか。
車の整備も終わって、後は名義変更手続きだけだと云うのに、今年のGWはタップリ連休があるモンだから、おかげで納車まで一週間も無駄にかかっちまう事になった。

最後に、ちょっとした豆知識を。
車にはレギュラーガソリン仕様とハイオク仕様があるけど、その簡単な目安をひとつ。
車の取説を見て「エンジン圧縮比」の数値が10未満ならレギュラー、10以上ならハイオクです。
エンジンの圧縮比とガソリン成分中のオクタン価は比例させるモンであり、圧縮比が高いエンジンにはオクタン価の高い、ハイオクタンなガソリンを入れてやるのが常道っす。
ハイオク仕様の車にレギュラーを入れてもちゃんと走るけど、ガソリンが予期せぬところで点火してノッキングを起こすので、やっぱりそれ相応のガソリンを入れると吉です。

で、オレはうっかりハイオク仕様の車を買っちまった訳で。
それだけならいいが、買約した途端にガソリン代が急騰したのは納得いかねえぞコノヤロー!